*とっきーにっき*

『ゆるく、楽しく、美しく』そんな*ときこの日記*です♪

ステージのグランドピアノを裸足で弾いてみた♪

一昨日の日曜日は、私が所属しているブリランテピアノサークルの練習会でした

 

場所は吹田さんくすホール

 

『吹田』と書いて、『すいた』と読みます

 

『ふいた』ではありません(笑)

 

ピアノはドイツのグロトリアン

 

グロトリアンは弾いたことがありません

 

どのようなタッチ感覚で、どのように響くのでしょう。。。

 

練習会の日は、演奏前に一分間リハーサルがあります

 

リハーサル、私の番です

 

おそるおそる鍵盤にタッチ

 

重め

 

弾きやすいかも💕

 

音色もマイルド

 

それでいて重厚

 

さすがグロトリアン

 

微妙に黒鍵が細いけれど、演奏にはさほど影響がなさそうです

 

今日は気持ちよく弾けそう

 

ところがです

 

ペダルが踏みにくい

 

ピアノのせいじゃなくて、靴のヒールと床の相性が悪そうです

 

すべる💦

 

そこで靴を脱いでみました

 

踏みやすい

 

しかもリラックスします

 

決めました

 

今日の練習会は、裸足で演奏しよう!

 

本番です

 

サークルの皆様とも仲良くなってきたので、靴を脱ぐことに抵抗がありませんでした

 

一曲目

 

Kiroroさんの『未来へ』

 

ペダルを踏む右足だけ、裸足になりました

 

足の感覚が少しアンバランス

 

二曲目は『カッチーニアヴェ・マリア』です

 

もう片方の靴を脱ぎました

 

とうとう両足裸足です

 

結論

 

裸足の方が演奏しやすい!

 

お家では裸足でペダルを踏んでいるわけですから、当然といえば当然です

 

演奏会の時はロングドレスを着れば、足元はみえません

 

でもロングドレス着ない時も、裸足で弾きたいなぁと思います

 

鍵盤のタッチもそうですが、ペダルもピアノによって個性が強く出る部分で、私はけっこう苦戦しています

 

裸足なら、その苦戦が少しやわらぎそうです

 

そういえば、世界的ピアニストのアリス紗良オットさんは、コンサートの時、裸足でした

 

まねっこします

 

足元だけでも、紗良オットさんに近づきます😅

 


f:id:tokki-nikki:20190401222858j:image

 

 

 

***********************************************

              ときこ&蓮見昭夫

『初秋に贈る  ギターとピアノの音楽会』より

Ave Maria by A.Piazzolla Piano&Guitar アヴェ・マリア/ピアソラ - YouTube

於:La Paz(大阪都島)

                                             2018年9月7日(金)

 

 

蓮見昭夫さんのホームページ

Akio Hasumi|蓮見昭夫|東京|ギタリスト|プロデューサー

**********************************************